The Art of Tailoring

Dani_The Suit first module
熟練の技
国境を越えてテーラリングという芸術に携わるブリオーニのテーラーたち。世界最高峰のサリトリアル・エクセレンスの技を持つ男女によって目に見えないディテールが施され、それがブリオーニのウェアを比類ないものにしています。 裁断から仕上げのアイロンがけの段階まで、彼らはブリオーニのスーツに命を吹き込むすべての手順を知り尽くしています。世代を超えて受け継がれてきた服づくりの伝統と高度なノウハウ。 独自のブリオーニメソッドにより1着のスーツが完成するまでには、220工程、22時間を超える作業が必要となります。手縫いによる工程はエキスパートのチェックのもとで行われ、細心の注意と独自の方法を駆使して、外側からは見えない部分に入れられる6000以上にわたるハンドステッチによってそれぞれのスーツに命が吹き込まれるのです。 ブリオーニのスーツは高度な手作業により軽い着心地、そして身体にぴったりと沿うパーフェクトなシルエットに形作られます。まるで彫刻を作るかのような仕立ての工程において、ブリオーニのマスターテーラーたちは顧客一人ひとりの身体、パーソナリティ、ニーズ、要望と向き合いながら、世界でただひとつの傑作を完成させます。

土地の特質

ペンネの町といえばブリオーニであり、ブリオーニといえばペンネの町。石畳の通り、印象的な城、魅惑的な風景。長い冬と静かな夏。アブルッツォ州にある閑静な町は、手工業に取り組むのに最適な環境です。 ここには、イタリアンテーラリングの伝統の核が根付いています。 実際、この土地に住む人々は卓越したテーラリングの仕事に代々携わってきました。 1959年、ローマで最も有名なテーラーのひとりだったナザレノ・フォンティコリ(Nazareno Fonticoli)とビジネスパートナーのガエタノ・サビーニ(Gaetano Savini)は、ペンネに大規模なアトリエを作りプレタクチュールの先駆者になりました。野心的ともいえるこの試みのために、フォンティコリは地元の熟練職人達を説得し、集め故郷にアトリエをオープンしました。フォンティコリとサビーニは、ローマの観点とアブルッツォ特有のスタイルを併せもつことから、アトリエを『ブリオーニ・ローマン・スタイル(Brioni Roman Style)』と名付けました。

Scuola di Alta Sartoria

知識としての遺産

貴重な知識の宝庫であるテーラリングの技は、熟練の職人から才能ある若者へ受け継ぐのに数十年を要する文化的な遺産です。ブリオーニの創設者は、ブリオーニの伝統を守ることの重要性を直観し、新世代の教育に投資するという大胆な決断を下しました。こうして1985年、ペンネの町にイタリアで唯一テーラリングを学ぶことのできる高等学校『スクォーラ・ディ・アルタ・サルトリア(Scuola di Alta Sartoria)』が創設されました。 学校は瞬く間にアブルッツォ州の教育機関となり、イタリアの重要な財産になりました。自社の専門学校で学んだ、専属のテーラー達を携えるブリオーニは、一流のメンズのテーラリングの世界でもかけ離れた存在です。 選抜は4年ごとに行われ、厳しい試験に合格したわずか16名の若者のみが入学を許可されます。学校は市内中心部の歴史的な建物の中にあります。倫理と職人技を教える『スクォーラ・ディ・アルタ・サルトリア(Scuola di Alta Sartoria)』は、次世代のマスターテーラーの養成機関を超えた存在です。有意義な未来は、長い伝統を受け継いでいくことにより得られるという信念に基づいた指導が行われます。