Legendary minds

Christopher Pissarides

クリストファー・ピサリデス卿は、英国とキプロスを祖国に持つ経済学者・ノーベル経済学賞受賞者です。世界に名高いロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで、経済政治学部の教授、および経済学部の欽定教授を務めています。2010年にサーチ摩擦理論を用いた市場分析への貢献でノーベル経済学賞を共同受賞し、2013年には爵位を授与されました。

労働、経済成長、経済政策を含むマクロ経済関連のテーマに焦点を当て、規制や経済政策が及ぼす影響について研究しています。学術誌への掲載も多いピサリデス氏は、世界経済フォーラムやTEDxトークで意見を述べた経歴を持ち、また、政治経済問題や財政政策、雇用に関する指導、労働供給における課題についての講演も行っています。